カテゴリー別アーカイブ: 浅草

<東京・浅草>現役最高齢芸者・96歳ゆう子さんを偲ぶ➂

● 雄々しい、奥床しい、嫋やか、気高い

私が、それまで全く縁もゆかりも、興味もなかった「芸者」という人を初めて取材したのは、平成6(1994)年だった。当時百一歳の現役芸者、柳橋の蔦清小松朝じ(つたきよこまつ・あさじ)姐さんである。

以来、各地の芸者さんを取材するうちに、他のどの職業とも似ていない独特の「芸者らしさ」というものを、全国どこの芸者さんも共通に、そして芸歴が長いほど強く持ち合わせていることに気がついた。

続きを読む <東京・浅草>現役最高齢芸者・96歳ゆう子さんを偲ぶ➂

<東京・浅草>現役最高齢芸者・96歳ゆう子さんを偲ぶ②

●何度も繰り返し話すことの意味

2016年三社祭のお座敷にて。「あやめ」組のゆう子さん


2019年2月20日夜、現役最高齢芸者・浅草のゆう子さんが亡くなった。大正12(1923)年生まれ。享年96歳。
*ゆう子(本名・菊池文)さんの本葬は、2月28日午後2時~ 浅草三業会館(浅草見番 。台東区浅草3-33-5 )にて執り行われる。

私が ゆう子さんを取材した回数は 、正式な「インタビュー」として録音したケースに限れば、平成13年から約10回を数える。雑誌の仕事としてのインタビューもあれば、「発表する当てはないが、とにかく昔の話を聞かせてほしい」と見番を通して頼み込んでの自主取材もあった。

何度も何度も、繰り返し出てくる話がある。口に出す回数の多さは、ゆう子さんにとっての、その出来事の重要性と比例するのだと思う。こうして一度や二度の取材ではわからないゆう子さんの歴史の「層」が、なんとなく見えてくるような気がした。

続きを読む <東京・浅草>現役最高齢芸者・96歳ゆう子さんを偲ぶ②

<東京・浅草>現役最高齢芸者・96歳ゆう子さんを偲ぶ➀

●2017年12月、最後だったかもしれないお座敷にて

2017年12月6日。「割烹あさくさ」にて、ゆう子姐さん

2019年2月20日夜、現役最高齢芸者・浅草のゆう子姐さんが亡くなった。大正12(1923)年生まれ。享年96歳。

新聞の訃報によれば、最後のお座敷は一昨年(2017年)12月だったという――もしそれが12月6日だったとしたら、 私は幸運にも、ゆう子さんの最後のお座敷に居合わせたことになる。良き友人のX氏が久しぶりにゆう子姐さんを呼んだお座敷に同席させていただいたのである。

続きを読む <東京・浅草>現役最高齢芸者・96歳ゆう子さんを偲ぶ➀

<全国> 2017年の花街訪問&イベント参加(抜粋)

●1月

東京・八王子「セレオ新春の宴」鑑賞/東京・浅草「浅草三業組合新年顔合わせ」/東京・八王子「新春はしご乗り&新春の舞」取材・撮影

●2月

東京・浅草「お化けお楽しみ会」(割烹あさくさ)/東京・八王子「お化け」観賞(すゞ香)/奈良「ならまち花あかり」芸妓の舞観賞&基調講演

●3月

東京・赤坂 「赤坂をどり」観賞/「第五回花街空間研究会報告会 花街の歴史とまちづくり」参加(東大本郷キャンパス)

●4月

東京・神楽坂「神楽坂をどり」鑑賞/東京・八王子「黒塀に親しむ会」総会出席/東京・八王子「若葉まつり・芸妓の舞」鑑賞/『芸者衆に花束を。八王子花柳界、復活』校了

●5月

東京・八王子 有隣堂セレオ店でパネル展開催/「第二回八王子をどり」開催・観賞 『芸者衆に花束を。八王子花柳界、復活』先行販売!/東京・浅草「三社祭・組み踊り鑑賞会」参加/東京・新橋「東をどり」観賞/日経新聞、讀賣新聞、タウンニュース等で『芸者衆に花束を。八王子花柳界、復活』刊行関連の取材を受け、記事が掲載される。

●6月

「お江戸つるや」参加(奈良・元林院の芸妓、菊乃さんの会)/富山・八尾町「八王子芸者衆のおわら風の舞・研修会」に同行

●7月

月刊誌『東京人』八王子花柳界の記事執筆/東京・八王子「あさがお市」/ラジオ文化放送「浜美枝のいつかあなたと」出演/東京・八王子「イーアス高尾イベント 八王子芸妓・高尾の舞」参加

●8月

東京・八王子「八王子まつり」

●9月

愛媛・松山「松実会」取材、高知「濱長」取材/東京・八王子「八王子南ロータリークラブ定例会」にて卓話/石川・金沢「金沢おどり」鑑賞/東京「大江戸寄席と花街のおどり」観賞/新潟「新潟をどり」鑑賞/ムック「八王子本」(枻出版)に掲載

●10月

東京・浅草「悠游亭」参加

●11月

東京・八王子「黒塀に親しむ会」参加/東京・浅草「秋の宴」参加

●12月

ジャパン・タイムズに記事掲載/東京・八王子「車人形と芸者衆の公演」鑑賞

 

 

<東京・浅草> 2016三社祭「くみ踊り」。街もお座敷も晴天なり。

雨がつきもののお祭り。「今年は降らなかったね……」。

DSC02003 (800x600)

●三社祭は、水に縁ある「浅草神社」の例大祭

三社祭には雨がつきもの……これは浅草の人々の〝常識〟だ。といっても単なる統計学的な確率ではなく、三社祭の由来にまつわる由緒正しい理由がある。 続きを読む <東京・浅草> 2016三社祭「くみ踊り」。街もお座敷も晴天なり。

<全国花街>駆け足で振り返る、私の2015年花柳界③9~12月 金沢・東京・釜石・盛岡

<9月>

<石川・金沢> 「第12回 北陸新幹線開業記念 金沢おどり」観賞 (石川県立音楽堂邦楽ホール)

2015 第12回金沢おどりプログラム
2015 第12回金沢おどりプログラム

<石川・金沢>行ってきました「金沢おどり」。

<10月> 続きを読む <全国花街>駆け足で振り返る、私の2015年花柳界③9~12月 金沢・東京・釜石・盛岡

<全国花街>駆け足で振り返る、私の2015年花柳界②5~8月 東京・新潟・京都

<5月>

●<東京・浅草>三社祭お楽しみ会 (草津亭、あさくさ)。

<東京・浅草> 三社祭 芸者衆と幇間衆の組おどり

浅草花柳界のシンボル的存在・明治創業の料亭「草津亭」が、5月いっぱいで店を閉めることになった。思い出深い草津亭の大広間で、最後の「三社祭を楽しむ会」。(現在は浅草花柳界内の新店舗「草津亭」で営業中)。まだ築20数年の頑丈な造りの料亭が、空調設備の老朽化や耐震化に伴う高額な改修費用を負いきれないという理由で、やむを得ず店を取り壊し、更地にマンションが建つ……。似たような話は各地の花街で起きている。惜しい、残念だ、と言うのは簡単だが、直接当事者の話を聞くとやむを得ない選択だったのだろうと思わざるをえない。設備の寿命が建物自体の寿命より短いのであれば、せめて簡単に修理・改修できるような設計・建築方法があるとよいのだが。

「草津亭」最後の三社祭
「草津亭」で最後の三社祭

続きを読む <全国花街>駆け足で振り返る、私の2015年花柳界②5~8月 東京・新潟・京都

<全国花街>駆け足で振り返る、私の2015年花柳界①1~4月 東京・新潟・金沢

<1月> 

東京八王子> 八王子芸妓・新春の宴(セレオ・イベントスペース)へ。新年の買い物客で賑わう駅ビルで初春の舞を披露。人前に積極的に出て行く〝攻めの姿勢〟が、今年も八王子芸者衆の知名度を上げ、マスコミの注目を集めた。

2015/1/4 八王子芸妓 新春の宴
2015/1/4 八王子芸妓 新春の宴

続きを読む <全国花街>駆け足で振り返る、私の2015年花柳界①1~4月 東京・新潟・金沢