タグ別アーカイブ: や満登

<東京・日本橋> 「日本橋花柳界が華やいだころ」(『東京人』7月増刊)を執筆しました。

古き良き戦前の「日本橋花柳界」。貴重な証言を取材

『東京人』2016年7月増刊 八重洲・日本橋・京橋を楽しむ本 
『東京人』2016年7月増刊 八重洲・日本橋・京橋を楽しむ本

●東京駅八重洲口――かつての「檜物町」に花柳界があった

花柳章太郎の出世作となった新派の舞台『日本橋』(泉鏡花原作)でも有名な日本橋花柳界。江戸時代の文化文政期(1804~30)にはすでに栄えていたとされる、東京の中でも古い花街だ。

現在の住所でいえば、東京都中央区八重洲一丁目。東京駅八重洲中央口を出て立ち、左前方を見る。外堀通りを挟んで大丸百貨店の向かい側一帯が、その昔、日本橋花柳界のあった場所である。 続きを読む <東京・日本橋> 「日本橋花柳界が華やいだころ」(『東京人』7月増刊)を執筆しました。